2020年07月31日

コロナバブル!!

20200731_104746.jpg

コロナウィルスの感染拡大に伴って東京都は飲食店への営業時間の自粛を要請するようですが22時までとの事ですのでそんなに問題ないと思いますね

22時までならば丁度いいですよ



その位に帰れば電車でも帰れますし深酒しなくて済みますからね

本当に自粛を求めたいならば22までの営業を自粛させたら相当自粛されると思いますよ

22時まで営業できなければ殆どの人が行かなくなりますからね

22時からの営業自粛で20万円の協力金と言う事ですが、これは喜ぶ店は多いと思いますね

そもそも夜の店で売上が高いお店は22時までの売上が殆どですからね



キャバクラとかクラブは22時以降からかもしれませんが、そういう店は22時までの営業だって言えば皆早い時間に来ますからね

22時以降殆どお客さんの入っていない個人商店の様な店なんてこの自粛要請は嬉しいでしょうね

一人でやっている様な小さいお店は前回の休業要請の協力金にプラスして今回の22時までの休業要請でプチバブルになると思います

少なくとも私の知り合いは今回のコロナで喜んでいる人が多いです

posted by ヒデミツ at 10:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月30日

生きる権利はあるが義務はない

Screenshot_20200730-154510_Twitter.jpg

立憲民主党の蓮舫氏はALS患者嘱託殺人で自身の見解として「生命は守るものです。何度でも言います。終わらせるものではない」とツイッター上で言っておりますが、私は全く正反対です

https://news.yahoo.co.jp/articles/2603caef7ba69a1d16aaccc470b47c9ba8f8f154

生きる事は義務なんでしょうか

生きる事は権利なのではないでしょうか



生命は終わらせたい人が終わらせられないのは生き地獄を味わえって言われているのと同じです

そうそう自分の人生を終わらせたいなんて考える人はいません

余程の事があるんですよね

それは人には分かり得ません

日本では安楽死は認められておりませんが例外的に下記の4要件が揃うと出来る場合もあります

(1)患者が耐えがたい肉体的苦痛に苦しんでいること

(2)患者は死が避けられず、その死期が迫っていること

(3)患者の肉体的苦痛を除去・緩和するために方法を尽くし他に代替手段がないこと

(4)生命の短縮を承諾する患者の明示の意思表示があること


と言ったものですが、そりゃそうですよね

ここまで来れば死なせない方が酷ですよね

しかしこの中で「患者は死が避けられず、その死期が迫っていること 」って言うのが私は要らないと思います

逆に、死が避けられなくて死期が迫っていれば安楽死の必要性はないと思います



そうではないからこそ死期が迫っていないからこそ安楽死の必要性があるんですよね

そもそも人間は好んで産まれてきた訳ではなく自分の人生は自分で決めて良いと思います

蓮舫氏は健康で不自由がないからそんな発言が出来るんだと思いますよ

ツイッター上では蓮舫氏はこの事件を安楽死や尊厳死議論の契機にしてはいけないって書いてありますが、私は尊厳死と安楽死の議論の契機にしたいと思っております

生きることは権利で義務ではない、私はそう思っております

posted by ヒデミツ at 15:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月29日

欲しい人だけ取りに行けば良い

20200729_094633.jpg

菅義偉官房長官は昨日の記者会見で、新型コロナウイルス対策で介護施設、障害者施設、児童施設などに8000万枚の布マスクを配るとのことで調達関連費用が計247億円に上ると明らかにしましたが無駄だと思いますけどね

今はマスクは市場で十分に足りていると思います

布マスクが嫌いな人もいますので、配っても使われない所が沢山あると思いますよ



それならば役所に置いておいて欲しい人が貰いに来るようにした方が良いのではないでしょうかね

マスクは趣向があって好き嫌いが別れますからね

何でそんなのに無理やり税金を投入するかが不思議ですよ



以前全家庭に配った際にもマスクの発注先が怪しい企業が混ざっていた事で批判を受けていたので今回は逆に配らない方が良かったんではないかと思いますよ

ここに来て要らないのに無理やり配ると、そのマスクの発注先の企業と何かあるのではないかとも勘ぐってしまいます

今はマスクは売っていますので介護施設や障害者施設、児童施設は好きなマスクを買えば良いと思いますね

この場に来て突然またマスクを8000万枚配るって政府が言った事が、何で今更って驚きました

posted by ヒデミツ at 10:13| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月28日

石原元都知事も医師を擁護してる

Screenshot_20200728-102636_Internet.jpg

先日のALS患者を安楽死させた医師が逮捕された件で石原慎太郎元都知事は医師を擁護する発言をしてくれました

大変嬉しかったです

高須クリニックの高須院長も本人が望んだ尊厳死だったと言ってくれております



石原氏は「業病のALSに侵され自殺のための身動きも出来ぬ女性が尊厳死を願って相談した二人の医師が薬を与え手助けした事で『殺害』容疑で起訴された事を批判してくれました

正にこれは殺人でなくて本人にとっては安楽死、医師にとってみると尊厳死なんですよね

石原氏は裁判の折り私は是非とも医師たちの弁護人として法廷に立ちたいとまで言ってくれましたが私も同感です

安楽死や尊厳死を批判する人は幸せボケしている人か被害者妄想がある人なんではないでしょうかね

安楽死って言葉だって安らかに死ぬと書くではないですか

苦しんで死ぬのとどちらが良いんでしょうかね

とは言っても今の日本は安楽死が認められていないのでこれを機に安楽死の法制化をお願いしたと思います

みんな自分が動けなくなったり痛くて仕方なくなったりしたら安楽死したいと思うはずです



健康な時には一切考えないかもしれませんし考えなくても良いですが、いつまでも自分が健康でいれる保証はありませんので先の不安を軽減する為にも安楽死の法制化が必要です

国民に強制するわけでなく使いたくない人は無視してくれれば良いだけですからね

今回の事件を機に安楽死についてもっと議論が出来る社会になって欲しいと切に願います

posted by ヒデミツ at 10:39| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月27日

左派と右派に分けた方が良い

Screenshot_20200727-130506_Internet.jpg

立憲民主党と国民民主党は一緒になるだならないだと言っておりますが、それって時期衆議院選挙に向けて焦って合流しようとしているだけで絶対に国民には受けませんよ

本当は今のままで立憲は左派で、国民は右派でいた方が良いと思いますよ

方向性が逆なのに一緒になっても何にも良いことはないですよ

無理やり一緒になると左派も右派も離れて行くだけだと思います



そうなると得するのは自民党と維新でしょうかね

左派の行き場がなくなりますね


党名をどうしようとかそんな事よりも方向性を決めた方が良いですよ

それか同じ党になっても左派と右派をきっちりと分けるかですね



○○党(左派)○○党(右派)の様に分かりやすくした方が良いと思います

こうやってゴタゴタしていていつも自民党は得するんですね〜〜〜〜

いつもお決まりのパターンです

posted by ヒデミツ at 13:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月26日

自身で命の選別が出来る社会

yjimage.jpg

先日、ALS患者が安楽死を希望して医師が逮捕されましたが、私は命の選別って自身で出来るようにする必要性は感じます

この前は、れいわ新撰組の前回の参議院選挙で公認候補だった大西つねき氏が命の選別は必要で政治の責任だと言っておりましたが命の選別は国や他人がするのではなくて自身が出来るようにするべきだと思います

命の選別が自分で出来て初めて自由な人生が送れると思います

命の選別が出来ないから将来の不安にかられるんですよね



多くの国民も将来の不安は自分がいつまで健康で生きれるかって事です

病気になっても何がなんでも長生きしたい人もいるでしょうが、もうここら辺で死んでも良いだろうと思えない人生って辛いですよ

要するに何が何でも生き続けなければいけないって思ったらこんな苦しいことはないと思います

人生って逃げ道があって初めて安心感があるんですよね

逃げ道のない人生って辛いですからね



だからと言って死にたい人なんてそんなにいる訳ではなくて、むしろ安楽死と言う逃げ道があれば自殺する人も減ると思います

是非日本でも安楽死制度をなんとか法制化出来るようにしたいと思います

安楽死制度がある世のなか、自身で命の選別が出来る社会、これが一番だと思っております

posted by ヒデミツ at 13:05| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月25日

嘱託殺人の被害者は誰

Screenshot_20200725-124230_YouTube.jpg

一昨日ALS患者を安楽死させたとして医師二人が嘱託殺人罪で逮捕されましたが、そもそも嘱託殺人って誰に対する罪なんでしょうかね

嘱託殺人罪をなくすのであれば安楽死制度を法制化すれば良いだけです

今回逮捕された医師のうちの一人の妻は元衆議院議員ですがコメントを発表しており「ご本人様とご遺族にお詫びします」って言っておりましたが別にお詫びする必要はないと思いますよ

本人の強い意志で安楽死させてあげた訳ですからね

殺人がなぜ悪いかと言うと本人の意思に反して命を落とすからなんですよね



今回の亡くなられて方は胃ろうして栄養を送られているような状況で私の親戚も胃ろうが嫌でやらないで死んでいきましたが胃ろうしてタダ生かされるだけが嫌な人って沢山いると思いますよ

病院では癌患者は最後は安らかに死なせることもありますが、それだって安楽死と同じようなものですからね

今回は主治医がきっと安楽死の頼みを聞いてくれなかったからこうなったんだと思いますよ

とにかく嘱託殺人は誰も被害者がいないと思います

いるとすれば協力して罪に問われて人だと思いますが、それって被害者がいないのに罪を償うってどうかしていると思いますよ

今は医学も発達して生きようと思えば昔に比べれば長く生きることも可能になってきておりますが、その様な中で、それでも死にたいと思っている人もいる訳でそれを止める事って大事な事だとは思いません

人それぞれの価値観がありますので、何がなんでも長生きしたい人もいれば、そうでない人もいるんです

私は本人が強く希望して死にたいと思っている人の意思は尊重させてあげるべきだと思います

今回嘱託殺人で逮捕された医師は誰にも迷惑を掛けておりません



報道が殺人だの、お金を貰っていただのと言う言い方をしていますが殺人でもないし、お金の為にやったとは思えません

今回貰ったお金は100万円ともいわれておりますが医師の年収からすれば100万円なんて大したことなくて、その程度のお金で医師免許を剥奪されて訴追のリスクを背負って安楽死をさせるとは思えません

安楽死したいと望んでいる人の事を思っての事だと思います

今回のこの事件は、医師が悪いのではなくて安楽死を法制化しない国が悪いと思います

どうにか今回逮捕された医師達を救いたいと思っておりますがどうしたら良いでしょうか

posted by ヒデミツ at 12:53| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする