2020年05月08日

国は会社や店の面倒を見切れないので

20200508_121050.jpg

今月から売り上げの減少した企業や店に対して持続化給付金の申請が始まりまして既に40万件近く申請されたと報道されておりました

そして多くの方が必死になって持続化給付金や、その他の助成金などを必死になられて探している方もおられますが企業とかお店は本業の再開に必死になった方が良いと思います

私の地元のお店なども必死になって配達したり従業員一丸となって朝から弁当を売っている店もありますが、それが大事だと思いますよ

その店も最初は誰も弁当なんか買っていなかったのが今は行列が出来ておりますからね



給付金や助成金を貰うのに必死になっている人と本業をなんとかしようとして努力している人と二つに分かれますね

私は本業を何とかしようと努力している人が好きですよ

そしてそう言う人には運が向いてくると思いますね

今後も緊急事態宣言が解除されても経済が元に戻るのは相当に大変だと思いますが今努力している人はきっと早く回復すると思います

今給付金や助成金を貰うのに奔走している人は回復が遅れると思います

今回の持続化給付金は一人でやられている店などは良いかもしれませんが従業員を抱えている店は足りませんしね

パチンコ屋も休業指示が出ていても再開するのも良く分かります



国が食わせてくれないからですよね

国が面倒見れないならば自分で何とかするしかないですからね

まあ今は何とかしてでも本業を巻き返す事を色々な手段でやるしかないと思います

国は国民の面倒を見切れませんから

posted by ヒデミツ at 12:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする