2020年05月01日

勉強は皆で遅れれば怖くない

588593_s.jpg

いよいよ緊急事態宣言も延長するとの総理の発言が出ましたが最初から総理も国民も5月6日に終わるなんて思っていなかったと思います

総理は専門家の意見を聞くって言っていましたが、感染症の専門家の医者のいう事は聞かなくて良いと思います

緊急事態宣言の延長の判断は国家的な判断で大変重い意味を持つ決定事項です

医者は病気の観点でしか物事を言いませんが、非常事態宣言は病気の事よりも社会の動きを止める大事な事ですから医者の意見は一意見として参考に留めるべきで、もっと重要なのは世間の意見ですよ



学校の始業や入学を9月にするかどうかなんてどうでも良いんです

学校なんか別に自分の子供だけが行ってない訳でなく全員行ってないんですから、勉強が遅れるとしたら全員遅れるんですから良いじゃないですか

「勉強は皆で遅れれば怖くない」って事です

そんな学校で勉強が遅れる事よりも社会の動きが止まっている事の方をもっと心配しないといけませんよ

飛行機も新幹線もガラガラで、このままですときっと大幅な赤字になってそのうち公的資金を投入せざるを得ないんですからね

なんで下らない学校の始業の時期や入学の時期の変更なんて考えるんでしょうか

社会が混乱しているのにもっと混乱させる気かって思いますよ



外国が何月からでも別に良いですよ

そもそも外国留学する人なんてごく一部の人ですから、そんなごく一部の人の事を考える必要ないんです

私の知人でも海外留学した人なんてごく僅かですよ

とにかくそんな下らない事よりも一刻も早く社会を動かさないと取り返しがつかない事になってしまいます



posted by ヒデミツ at 10:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする