2020年01月06日

一利なしだと思うが

20200106_063424.jpg

立憲民主党の枝野代表は、国民民主党などとの合流について早期に結論を出すことに意欲を示しましているとの事ですが、立憲民主党は国民民主党と一緒になって良いことは一つもないと思いますけどね

私は別に立憲民主党が好きな訳ではないですが今の野党の中では未だ人気はある方だと思いますからね

国民民主党は全く人気がないので立憲民主党と一緒になる意味はあるのかもしれませんが立憲民主党には全く意味がないと思いますよ



そもそも国民の理解だって得れませんよ

民主党、民進党で一緒にやってきたが選挙で戦えないと思って希望の党に逃げた者と希望の党に逃げれなかった者がまた一緒になるって事ですからね

国民民主党の玉木代表は「吸収合併はあり得ない」などと対等な立場での協議を改めて求めましたが何言っているんだって感じですよ

支持率だって全然対等でないし、明らかに国民民主党が吸収される形だと思いますけどね

また国民民主党の玉木代表は新党を作ろうとも言っているとの事ですが枝野さんは全くそんな考えはないとの事

当然ですよね



何か国民民主党は落ちぶれて行くのに未だプライドが捨てれずにいる所が、そもそも落ちぶれる要因だと思いますね

仮に立憲民主党と国民民主党が一緒になるとしたら党名は立憲民主党のままで国民民主党が吸収合併される位しかないと思います

まあそれでも立憲民主党にとって「百害あって一利なし」って感じがしますが・・・・・

posted by ヒデミツ at 07:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする