2019年12月02日

お金のない人は0円にする

jikofutann.jpg

政府が検討している医療制度改革で、75歳以上の受診時の窓口負担を「原則1割」から「原則2割」に引き上ようとしているらしいですが、75歳以上を一律に引き上げるのは反対です

私は年齢に関係なく医療費の自己負担は1割から10割負担まで年収や資産に応じて決めるべきだと思います

今はお金がある人もない人も一律なのがおかしいんですよ

今は高齢者でない場合は一律3割負担ですが、それもおかしいと思います



高齢者でも若年層でもお金がある人とない人を分けても良いじゃないですか

そうすればむやみに病院に行く人もいなくなるかもしれませんしお金のない人でも病院に行けるようになります

今の一律3割負担を収入に応じた負担割合にした場合は7割の方は値上げになりますがそれは仕方がないと思います

仮に病院で現在自己負担が1000円の場合は3000円位に上がりますが、自分がお金が無くなった際には0円になるという事を考えれば働けるうちは全額自己負担でも良いはずですからね

人間は働けて収入のあるうちは大体の事が何とかなるんです

病院での自己負担割合が今よりも上がっても居酒屋で飲むのを少し我慢すれば良い程度の事ですからね



それよりも自分が働けなくなった際に自己負担がなくなると考える方が全然安心した将来を考えれますからね

医療制度改革の根本は絶対に医療費の自己負担割合を年収別にする事だと思います

これが一番国民も納得した負担割合になると思います

posted by ヒデミツ at 14:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする