2019年11月06日

本当は格差社会を望んでる人

e572e78aadc565ccb8b58ee63b05c904_s.jpg

昨日はある人と話をしていたら日本は格差社会が助長されてきたって言われている人がいましたが、格差のない社会なんてないしどこの国も格差があります

寧ろ格差があるほどやる気になれますからね

良い家に住みたいとか良い車に乗りたいとかブランド物が偽物までも売れるのもその一つです



皆が同じ暮らしな訳ではないですからね

また昨日話した方は努力が報われる社会にしたいって言っていましたが、それも絶対に無理な話ですからね

努力が報われるのは勉強位ですね

勉強して資格を取るとか良い点数を取るって言うのは勉強した分が報われますが仕事は絶対に違います

ソフトバンクの孫社長やユニクロの柳井社長は100億円位の年収がありますが年収が300万円位の人の努力の3000倍も努力をしているのかって事ですよね

仕事は頭の使う所と努力をする所が違うんです

なので社会は努力をしたから報われるって訳ではなく、努力の仕方が大事なんですよね

それと努力をしただけ必ず報われる事はないですが、努力をしないと絶対に報われません

そして私が昨日話をした様な人は、大抵が自分が少しお金を持ったり偉くなると自慢する人なんですよね

格差がない社会なんて良いながら中古の古いベンツを乗っていましたからね



自分が本当は一番格差を望んでいるけど出来ていないだけだと思いますね

格差のある社会は絶対にこの先どう政権が動いても変わりません

自分の考え方や生き方を変える以外にはないと思います

昨日話した人は間違いなく格差を望んでいる人だと思います

posted by ヒデミツ at 10:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする