2019年11月05日

結婚の踏み絵

fumie2.jpg

住民票、マイナンバーカード等へ旧姓を併記できるようにするための「住民基本台帳法施行令等の一部を改正する政令」が、本日令和元年11月5日に施行されました

これで夫婦が完全に別の名前で生きることになりますが、これじゃあ結婚した意味ってない気がしますね

結婚は名前が代わってでも一緒になりたいかどうかが重要で、名前が代わることが一つの踏み絵のようなものになっていましたからね



結婚して名前が代わらないんじゃあ何も結婚する意味がないですけどね

これじゃあきっと離婚も増えるでしょうね

簡単に結婚できるし離婚もできるってことになってしまいますからね

そして子供と名前が違うって事も普通になってしまうんでしょうかね



また旧姓も直近のものでなくても過去のものでも遡って選択して使えるようですから訳が分からなくなりますよ

これじゃあ色々な旧姓を名乗れることにもなってしまいますからね

日本の伝統的な結婚における名前のしきたりが今日でなくなります

posted by ヒデミツ at 09:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする