2019年10月20日

土砂崩れが起きそうな場所が最適

ryokan.jpg

台風19号の影響で神奈川県箱根町では、多数の土砂崩れが発生し、周辺の旅館に温泉を供給できない事態になっているとの事です

今月中の復旧は困難との事で旅館は大変だと思いますね

箱根登山鉄道も陸橋が土砂で押し流されて一部が不通になっているとの事です

このニュースを観て、私も気付いていなかったことに今更気付きました



鉄道は不通でも、車などの代替え手段がありますが温泉に温泉が来ないとどうしようもないですからね

家とかであれば壊れても損害保険で新しい家が建ちますが、旅館の休業の補償はどうにもなりませんからね

台風の影響は家とか車が壊れても問題ないですが、ライフラインが止まるとどうしようもなくなりますね

特に旅館の様なお客さんを呼ぶ業態の商売はどうしようもなくなりますね

損害保険で補償されない休業の伴う売上が上がらない事はどうしようもないですからね

会社などであれば事業所を他に移せば何とかなりますが旅館はどうしようもないですからね



そして土砂崩れが起きそうな所ほど旅館としての立地は最高ですからね

このジレンマどうしようもないですね

土砂崩れが起きそうな旅館としては立地の良い所を選ぶのが旅館経営の基本ですしね

このジレンマに気付かなかったです

posted by ヒデミツ at 07:00| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする