2019年10月17日

人手不足は連鎖する

53330388fdf6e6ba4810c4cec1e4f702_s.jpg
人手不足の業界が多いと言われている中で私の会社は人手がいつも足りています

会社を作って今年で31年経ちましたが、最初の15年位は常に人手不足でした

人手不足の時に限って人が辞めていくんです

なぜなら忙しいからです

人手不足でないと人が辞めません



今までに採用した人は500人以上おりますが忙しい時はバンバン辞めるんですが忙しくないと誰も辞めません

当たり前と言えば当たり前ですけどね

この14年間は1通も辞表を見たことがありません

これって凄い事だとおもいませんか?

14年間誰も辞めないんですからね

みんなベテランです

飲み会になるといつも出て来る話は「昔はよく人が辞めましたね〜〜〜」って話です

なんでも職安に行くと、職安の人が私の会社の事を「この会社はよく人が辞める」って応募に来た人に言っていた様ですからね

最近忙しくなくなったのは、インターネット活用が成功したって事でしょうかね

昔は経理で請求書を作っている人員が30人以上いましたからね

今は3人もいれば大丈夫ですからね



なので最近は社員も業務内容が昔とは全く変わってきております

仕事は大抵がネットの操作説明とかになっております

時代の波になんとか会社も併せて変化しておりますが、あと何年位私の頭が時代の変化について行けるか心配です。

私の知っている会社の中では私の会社が一番社員の勤続年数が長いと思います

会社設立から31年で今いる社員の平均勤続年数18年以上になると思います

これって凄いと私も自分自身で思っております

人手不足は悪循環するって事が良く分かります

posted by ヒデミツ at 13:26| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする