2019年10月06日

高齢者の雇用を考える方が重要

roujin.jpg

国会では憲法改正の論議を進めるべきだと言う話になってきそうですが、そんなに国民は憲法改正なんて望んでいないと思いますけどね

安部総理の名誉を作るための憲法改正でしかないと思いますけどね

安部総理は長期政権を継続していて仕上げが憲法改正ってところなんでしょけどね



本当はそれよりももっとやる事はあると思いますけどね

先ず、高齢化社会の対策ですよ

高齢者の仕事を増やす事を考えないといけません

最低時給なんて上げている場合ではないんですよ

最低時給を高齢者には適用しなければ最低時給が上がった分、逆に高齢者の雇用は増えるはずですからね

最低時給の適用を高齢者に適用しなくなっても今より愕然と下がる訳ではなくて今と同じ時給位で済むと思います

そういう今後の高齢者の対策をもっと議論するべきで憲法改正なんて急ぐ必要ないんです



どうせ国が決める事で今より国民にとって良くなるような改正は絶対と言って良い程ないと思いますので

憲法改正して国民が今よりも良くなることはまずないと思って良いと思います

なので私は憲法改正よりも高齢者の雇用を考えるのが第一だと思っております

posted by ヒデミツ at 15:51| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする