2019年09月27日

高齢化時代に仕事を考える

最近は高齢化が進んでいますので企業はIT投資よりも高齢者の働ける仕事を作った方が良いかなって思います

今と同様の仕事をしていて高齢者を使うのではなくて高齢者に向いた仕事を作った企業が勝つでしょうね

日本はこれから今まで経験した事の無い程の高齢化時代になります

ソフトバンクを始めたIT企業も急成長してきましたが今後はシルバー産業ですかね



私は今後は高齢者に自宅などで出来る仕事を作って高齢者の食べる道を探りたいと思います

例えば田舎の町で駅から離れていても人さえ住んでいれば居酒屋は出来ると思います

特に高齢の人は遠くまで飲みには行きたくないですが近所で歩いて行ける範囲であればちょこっと出掛けて飲んで帰ろうと思うはずですからね

田舎でも私は十分に食っていける位の売上は上げれると思います

若いうちは繁華街で飲みたいでしょうが、年配になるとワザワザ繁華街まで出て飲むのも大変ですからね

別に大儲けする訳でもないし、美味しい料理をふるまわなくても良いし、食べログに出なくても良いですからね

近所に住む方で特に高齢の方の行き場になっていれば良いんではないかと思います



そう言う地方都市で自宅をちょっと改造したり物置の様な小屋を建てて自分の店を持つって言うのは今後の高齢の方には向いていると思います

そう言う店が一軒出来ると雇用も少しだけ生まれる可能性もありますからね

今後はIT開発よりもアナログで高齢の方が暮らしていけそうな事を考えようと思います

posted by ヒデミツ at 16:40| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする