2019年09月20日

人を恨む人生は辞めた方が良い

20190920_125659.jpg

東京電力福島第1原発事故をめぐり、業務上過失致死傷罪で強制起訴された元会長勝俣恒久被告と、いずれも元副社長の武黒一郎、武藤栄両被告の判決が19日、東京地裁であり、全員に無罪を言い渡されましたが当然だと思います

あの大震災も津波も予測できないし、これで禁固5年を求刑されたらたまったものではないですからね

そもそも東電だって被災者の一人ですからね



被災者が被災者を責める感じですよ

誰かに責任を押し付けようとすると心がダメになると思いますね

あの震災は仕方がなかったんですよ

不起訴になっても検察審査会に訴えて色々やっていますが、そうやって前の事を恨む人生を送っていると人生の無駄になりますからね

私も色々今までありましたが恨まない様にしました

人を恨まない人には良い人生が来ると思います



人を恨んでも憎んでも良い事は一つもありませんから

この裁判の判決で東京地裁の前に集まっている人を見ると恨んでいる事自体が可哀想だなって思いますよ

これは仕方がなかったと思ってこれからの人生を生きて欲しいと思います

posted by ヒデミツ at 13:06| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする