2019年08月03日

安楽死と臓器提供をセットに



昨日は以前から安楽死制度を訴えてNPO法人をやられている方とお話する機会がございました

安楽死制度って細かく条件を検討するとキリがなくて全く前に進みません



私は本人の意思で死にたいと思われるのであれば安楽死制度を適用させてあげて良いと思います

また、私は10年前の初めての衆議院選挙の際は、安楽死制度には臓器提供をセットにした方が良いと訴えましたが、今回の参議院選挙の際は臓器提供をセットでは訴えませんでしたが本当は臓器提供をセットに出来ると良いと思います

現在日本の自殺者は2万5000人で臓器提供を待たれている方は1万5000人いるので、正にどうしても生きたい方の命が救えますからね



どうしても死にたい方とどうしても生きたい方の意思を尊重できる結果に繋がりますからね

安楽死制度を利用される方には臓器提供をと言う考えは昔から変わりません

posted by ヒデミツ at 11:35| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

義務で生きて訳ではない



「安楽死・尊厳死の現在」 松田 純著 中公新書

を読みました。

その中で書いてあったのは、人間は生きる義務があるのかって事でした



私はハッキリ言ってないと思います

義務で生きている訳ではないですからね

アメリカのオレゴン州の安楽死についての調査では安楽死を希望する人の動機で最も多いのが「自立の喪失」、2番目が「人生を楽しむ活動への参加不能」らいしいです

もし生きることが義務であれば、どんなことがあっても生きなければならないので大変なプレッシャーになりますよね




人間は義務で生きている訳でないからこそ楽しいんですからね

義務で生きていたら楽しくないです

生きることは義務ではない中でどうやって安心感を持って暮らせるかは安楽死制度があるかないかの一言だと思っております

posted by ヒデミツ at 14:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

安楽死制度に反対意見(その3)



安楽死制度に反対の方のyoutube動画があるとのご連絡を頂きましたので見てみました

「葬儀葬式CH有限会社佐藤葬祭」と言う方の動画で「葬儀屋が語る自殺と安楽死」と言う題名の動画でした





@残された家族を傷付ける

A自分の意思が辛くとも嫌な事があっても皆で生きて行った方が良い

B苦しい事があっても大変な事があっても何の保証も出来ないが一緒に生きていく事だけは出来る

大体がこの三つでしたが、@は未だ判りますがAとBは安楽死したい人にとってみたら何の励ましにもなっておりませんし、それが出来ないからこそ死にたいと思っている訳ですからね



余計に安楽死したくなってしまいますからね

まあ、しかし色々な意見がありますので参考に致します

他にも何かございましたらご連絡頂けますと助かります
posted by ヒデミツ at 18:18| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする