2019年08月24日

ワガママは一度聞くとエスカレートする



セブン―イレブン・ジャパンは9月から日曜日を定休日にすると通告してきた大阪府の加盟店オーナーに対し、日曜に休業した時点で契約を解除すると書面で回答したそうですがそれは理解できます

そもそもそのオーナーは深夜営業も中止したそうですが、深夜営業の中止も私はダメだと思いましたが日曜定休とかでは、既にコンビニじゃなくなってしまいますし、それならばセブンイレブンの看板を使わないで営業するべきだと思います



セブンイレブンは全国的に365日24時間営業で、置いている商品も共通している安心感があるのですからね

定休日を作ったら賞味期限の問題もあって置く商品もロスが出るしセブンイレブン全体の物流構造も崩れ、結果的には利用者が不便になるだけですからね

どうせならば24時間営業を中止して日曜日を定休にしたいとか言い出すと今後も色々と自分なりのわがままを言い出しそうですから契約を解除して、セブンイレブンの看板を使わないでやるべきですね



看板を使う以上は企業イメージに併せた営業形態をとるべきですし、それがフランチャイズ経営の基本ですからね

本当にわがままって一つ聞くとドンドンエスカレートしていくんですよね



posted by ヒデミツ at 13:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月23日

大統領の末路に向かって全力疾走

20190823_173434.jpg
韓国政府は今日午後、日本政府に対して、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄すると通告してきました

韓国は今の文政権になってから馬鹿げた行動ばかりしていますよ

日本と対立して得する事なんてないのに、文政権は何を考えているんでしょうかね



韓国内でも保守派は心配していると思いますね

アメリカからも見捨てられてしまいますね

北朝鮮と組んで日本を攻撃しかねないですね

在日の韓国人も、逆の韓国にいる日本人も良い迷惑ですよね

私はもう韓国なんて行く気がしませんが、今後日本から韓国に行く人も減るでしょうね



文政権になって韓国は孤立してきている感があります

朴前大統領の方が全然国際社会においては常識的な対応を取れていましたからね

韓国大統領の末路はいつも何か起きますが、文大統領は韓国民にとって朴前大統領とは比べ者にならない位に罪な事をしていると思います

韓国大統領の末路に向かって全力投球ですね

GSOMIA破棄で南北は統一した感じですね

posted by ヒデミツ at 17:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月22日

老後の心配はこれ以外には解消できない

nennkin3.jpg

飲食店の無断キャンセルが問題になっていると言うニュースを観ていて可哀想だなって思っておりましたが、もう既にそれに対応するビジネスも産まれていると言う事で驚きました

飲食店の無断キャンセルを保証する保証会社が出来ているそうです

そういう飲食店の無断キャンセルと補償する事業を思いついた人は感心しますし、きっとそういう人は老いても食うに困らないでしょうね



今は年金では食っていけない時代ですから、何とか自分で自分の生活を何とかする方法を考える力が必要なんですよね

人生100年時代になって絶対に年金だけでは食っていけませんからね

子供が余程世話をしてくれるか、配偶者の手助けがないと生きていけない時代になります

多くの国民がそういう環境になり得る時代になってきました

安楽死制度があれば未だ安心した老後を迎えれますが、ない今の時代ではどうにか自分で生き延びる努力が必要ですからね



しかし現実的には難しい問題です

やはり国民の安心の為にも安楽死制度が必要ですね

posted by ヒデミツ at 09:30| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月21日

回答は出来ません!!



毎日ご連絡を沢山頂きますが、毎度お答えを控えていますのが死にたい相談です

自殺したい、今すぐに安楽死したい、この様なご連絡を頂くことが多いです



毎日何件もありますが無責任な回答をしたくないのでお答えをさせて頂いておりません

「はいどうぞ」とも言えませんし「もう少し頑張れ」と言う無責任な回答も出来ませんので敢えて返信させて頂いておりません

また消費税の事を始めとした今の政府のやっている事に対して私には何もすることが出来ませんので回答を控えております



ミニ政党の出来る事は与野党が対立のない、どの政党も言っていない様な事でないと実現不可能だと思っているからです

安楽死制度は与野党で対立していないので今後も訴え続けて参ります

posted by ヒデミツ at 20:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

票目当ての政治家がやらない案件

kanemaeta.jpg

上野宏史厚生労働政務官が、外国人労働者の在留資格を巡り、法務省に“口利き”し、その見返りに金銭を求めていたことが週刊誌の取材で明らかになったって報道がありましたが、これくらいの事はきっとあるでしょうね

って言うか昔の政治家ならば役所への口利きが仕事だったはずですからね

それをやらなくなったら政治家って何をするんでしょうね?

地元の事を国へ口利きすること、業界団体の事を口利きする、それが政治家の仕事でしたがそれをやらないとなると楽なのは政治家ですね



そういう事は出来ないって断る口実にもなりますからね

直接的な口利きの見返りで金銭の授受があるとダメかもしれませんが、間接的にパーティー券を買うなりすることだってありますし、そもそも何かの見返りに金銭なりパーティー券を買うのが今までの政治家の仕事ですからね

こういう現実的な問題は政治家もお金になるから動きますが、安楽死の様な事はお金にならないし、言い出すと自分に不利になると思っている政治家ばかりだと思います

だからこそ今まで皆言い出さなかったんですよね




安楽死制度はハッキリ言ってお金になりませんから、どこの政治家も口利きもしないし力が入らないんですよね

そういう意味では我が安楽死制度を考える会が議席を取らないとどうにもならないと思います

そして中途半端な覚悟だとダメだと思いますね

得票目当ての政治家には向かない案件が安楽死だと思います

posted by ヒデミツ at 21:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

痛くなければ生きていろ?



最近安楽死制度に反対の人の意見を色々な方面から聞かせて頂いております

その中で緩和ケアをしている医師の方は反対の方が多いのではないかと聞いております



私は緩和ケアと安楽死って全然議論が噛合わない話ではないかと思っております

緩和ケアと言うのは医療技術で患者の痛みを取る事ですが安楽死は痛みを取るだけではないんですよね

痛くなければ自分の最後を見届けるまで生きていたいかって事になりますよね

痛みがなくても自分がドンドン弱りきっていく姿を見ていたくないって思いだってありますしね

それに安楽死制度が出来たって緩和ケアの医療の発展が止まるとは思えません



安楽死制度があってもなくても緩和ケアは年々進化すると思います

まあそもそも安楽死制度って痛みがある患者だけの為の制度だとは思っておりませんけどね

安楽死制度は痛みがないから生きていろって言う問題ではないですからね

他にも安楽死制度に反対している方の意見がありましたら皆さん教えてください

posted by ヒデミツ at 17:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

山本太郎氏は自殺は生活苦の問題と言うが



昨年の年間の自殺者は2万598人です

交通事故死者数は3532人です

なんと自殺者は交通事故死者数の6倍もおります



交通事故の対策は色々と出来ますが自殺の原因は多岐に渡るためにやりようがないのが現状だと思います

れいわ新撰組の山本太郎氏は死にたくなる原因を作ったのは政治の責任だと言っておりましたが、私は政治の責任だとは思いませんが仮に政治の責任だとしたら「安楽死制度がない事」だと思います



自殺者は事故と違って自分の意思で亡くなっているので交通事故と同じように減らす事は無理だと思います



自殺者の思いは千差万別ですし、山本太郎氏は自殺はお金の問題だと思っているようですが生活苦のお金の問題だけじゃないですからね

山本太郎氏は自殺をお金の問題だと思っている所がダメだと思いますね



国が出来る対策は安楽死制度を作るしかないです

posted by ヒデミツ at 17:15| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする