2019年01月14日

散々苦渋を飲ませたくせに

hosono.jpg
旧民主党政権で環境相を務め、現在は無所属の細野豪志衆院議員が自民党入りを模索しているとの事ですが、その気持ちは分かりますが、それをしたら終わりでしょって言いたいですよ

既に反自民党で当選7回を経ている訳で、それも政権交代後の大臣までやっていながら自民党に入りたいってどうしようもないですよ

こうなると何処の党も入れたくなくなり、四面楚歌になりそうですよ



これで自民党に入ろうなんて行動をしていたら、今までの人生を全部否定するのと同じですからね

せめても自民党に代わる政党を作ろうとし続けるべきだと思いますよ

静岡5区には細野氏に何度も苦渋を飲まされてきた自民党がいるわけで少なくとも現在と同じ選挙区で自民党入りを模索することはあり得ないと思いますよ

政治理念が選挙に当選する事で、現在無所属で当選してきているならば、そのままでいた方が良いと思います

下手に自民党入りを模索すると票を減らすだけですからね

それに今の自民党では人が多すぎますから要らない存在ですしね



しかしよく今更自民党入りを模索するなって思いますよ

今まで応援してもらった人にも失礼ですからね

いやでもこういう人が選挙に強いってどうなんているんでしょかね

節操がないですよね

posted by ヒデミツ at 08:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする