2018年09月26日

組織人に向いていない代表

takanohana3.jpg
貴乃花親方が相撲協会に引退届を出したニュースで一杯ですが、貴乃花親方はもう組織人として生きていくのは難しいですね

相撲協会も追い詰めましたね

告発文を事実無根だとする協会側の主張とそれを否定する貴乃花側の溝は埋まらないようですが、協会も完全に否定するのではなく一部は認めれば良かったかもしれませんね

絶対に事実無根ではないですよ。多少のずれはあっても事実無根と言うようなでっち上げの様なモノではないと思いますからね



まあ組織人でやっていく覚悟のある人はそういう事にも従えるのでしょうが組織人としてやっていけない人は絶対に従えないですからね

協会に残るためにはどこかの一門に所属しなければいけない

一門に入りたければ告発状が事実無根だと認めろって決まりはないのでしょうが受け入れる一門の親方としたらば暗雲の呼吸でそういう事になっているんでしょうね

これで益々相撲協会は協会の意向に逆らえない団体になりましたね

商売は独立してなんでも出来ますが相撲協会は協会に所属しなければならないので商売とは違いますから組織人としての覚悟が必要になりますね



人間は組織人としてやっていける人といけない人がいて、私は組織人としてやっていけないので商売も自分でやっていますし政治も自分で党を立ち上げてやっていますので、相撲の世界で生きていくには組織人にならねばならないってことなんでしょうね

今後、貴乃花親方は組織人でなくても生きていける世界にいかないといけませんね

自分でお店をやるとか会社を興すとかするのが一番ですね

こう言う辞め方でなければ他の団体とか政治の世界とかもあったかもしれませんが、こう言う相撲協会との間での内部告発がこじれて辞めた場合は、企業も勿論ですし政党なども招聘しないでしょうからね

しかし相撲協会も大人げないですね

貴乃花親方が告発状を取り下げたのですから、それ以上に追い込まなくても良いと思いますけどね

貴乃花親方は元々組織人には向いていない代表の様なものですから、これが良いきっかけになったのではないでしょうか

早く違う道で生きて行って欲しいと思います

posted by ヒデミツ at 09:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする