2018年09月12日

叩かれるのが仕事なんだ

9548e9b5937f6c0434cdb30c86754b66_s.jpg
沖縄県知事選に立候補を表明している玉城デニー氏は昨日インターネット上を中心に自身に関する事実誤認のデマが拡散しているとして、名誉毀損の疑いで那覇署へ刑事告訴の手続きに入ったとの事ですがそんな事でって感じですよ

たかがネットで叩かれたりデマが風潮された位で訴えているって人間小さいですね。

これから仮に知事になればそれこそ色々と基地問題で賛成派や反対派がいて叩かれる事もあるでしょうからこの位でガタガタ言っていたらダメですよ。

告訴の理由について「有権者に正しい選択をしていただくためには、事実無根のデマには毅然と対応する必要がある」との事ですが、その様なデマも含めて有権者が判断するんですよ

デマが風潮されていたって自身が否定すればそれまでですから目くじらを立てている方がダメですね。

我が支持政党なしになんて選挙となれば散々叩かれたり事実と違うデマがネット上で流れるなんて当然だと思っていますからね

選挙ってそういうものなんですよ



ネット上で応援してくれる人もいれば叩く奴もいて、叩く奴がいるからこそ応援する人も出て来るって思わないといけませんよ

ネット上で叩かれていないと応援してくれる人もいませんからね

ネットの世界は匿名に近いので見ている人もそれなりの思いで見ていますからね

我が支持政党なしも宣伝広告費を一切掛けなくても選挙になるとツイッターなどで散々拡散されて、結果ツイートランキング1位になってテレビ局に呼ばれましたからね

叩かれるとその分情報の拡散も早いんで良い事なんですけどね。



玉城デニー氏は未だ叩かれ慣れていないですね

賛否がぶつかる沖縄県政では叩かれ慣れていないとダメだと思います

企業とかの場合はデマが売り上げに直結して影響する事もありますので名誉棄損とかはあり得ますが、政治の世界は思想の戦いですからデマも含めて許容する必要があると思います

posted by ヒデミツ at 09:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする