2018年09月09日

詐欺会社の見分け方

burakku.jpg
昔と違い最近はネット社会になって私の会社でも新規取引先の調査などでネットで調べる機会が増えていますが詐欺会社かどうかを見分けるポイントは次の点です

@まずは、会社のホームページがあるかないか。

設立年月日が古いのにホームページがないのはなんでかな、と言う見方もありますし、会社の目的がネット関係の目的なのに自社のホームページがないのは不思議ですからね

A会社のホームページに代表者や社員の顔写真があるのかどうか

信頼できる会社は会社のホームページに代表者の顔写真や社員の写真があります



B会社のホームページのお知らせやブログなどが更新されているかどうか

C取引相手の会社の登記簿を見て代表者の自宅が持ち家か賃貸か

代表者の自宅が持ち家の場合は大体がまともな人です。特に代表者が自宅で住宅ローンなどを組んでいれば尚更安心です。銀行が予め審査をしてくれているのと同じですからね。持ち家は賃貸の場合の3倍くらいは信用が出来ます。代表者が持ち家の会社が詐欺をすることはまずありません

D取引相手の会社の担当者のメールアドレスがヤフーメールやGメールなどのフリーメールでないかどうか??

フリーメールは便利なんですが、まともな会社は自社の専用メールアドレスを使いますので



E固定の電話とファックスがあるかないか

今は携帯が主流の時代ですが、まともな会社ならば固定電話とファックスがあるはずです。特にファックスは今は使わない事が多いですがまともな会社にはファックスはありますのでファックスのありなしは重要です。そして取引の申込書などの書面をファックスで貰うようにして、ファックスのヘッダーを見ます。ファックスのヘッダーに相手の会社名が出ていれば良いですが違う会社名やコンビニファックスは危険です

F会社の住所が都会か地方か

大抵が詐欺会社は住所を都会におきます。地方都市を本社にする詐欺会社はあまりありません。特に詐欺会社に多い住所が東京ならば渋谷、新宿、池袋、銀座です。私の会社でも取引先の審査をしているとこの地域の会社は要注意で、詐欺会社の多くがこの地域に存在します。ネットで検索すると営業停止処分や逮捕などの記事が検索されてきます

Gこの他にも色々審査ではみている点はございますが特に会社の登記簿や代表者の自宅の登記簿をみると色々な事が分かります

欺会社は共通している点が多いですからね

次回は、もっと詳しく詐欺会社の特徴を紹介します

posted by ヒデミツ at 09:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする