2018年09月01日

本当に利回り10%なら借金してもやる

tousi.jpg
また「オーナー制度」で金集めをしている会社が破綻しそうです。

干し柿などの加工食品で「オーナー制度」を展開し、多額の金を集めていた通信販売会社「ケフィア事業振興会」が契約者への支払いを滞らせているとして消費者庁が事業者名を公表し、注意を呼びかけはじめました。

昨年11月から契約者約2万人に対して、少なくとも340億円が支払われていないという事です。

私はケフィア事業振興会なんて知りませんでしたが、未だこの手の商売があるんですね。

加工食品のオーナーを募集して加工食品を製造し、半年程度でケフィアがオーナーから商品を買い取る契約だったようです。



その際、オーナーには申し込んだ金額の10%程度を加算して支払うとの事ですが、これじゃあ利息10%を掲げているのと同じですが、そんな利息が10%ももらえる事なんてあり得ませんからね

本当に利息が10%貰えたら銀行に預ける人なんていなくなりますからね。

利息10%がもらえたら、今は低金利ですから銀行から1〜2%前後で借りてでも投資するべきことになりますからね。

私も本業が登記情報を調べる仕事ですからケフィア事業振興会の事を調べましたら関連会社が色々な事業目的で沢山ありますね。



今年に入って私の会社の登記情報を調べる登記情報の「名寄せ機能」でも良く調べられているようです。

かぶちゃん農園とか、かぶちゃんなんとかと言う名前の会社名で何社も作っております。

私の会社で把握しているだけでも、「かぶちゃん」と名付けられている会社だけで下記の8社があります。

かぶちゃん農園株式会社
かぶちゃん電力株式会社
かぶちゃん製菓株式会社
かぶちゃんフーコ株式会社
かぶちゃん信州乳業株式会社
株式会社かぶちゃん農園食堂
株式会社かぶちゃん信州酒造
かぶちゃんメガソーラ株式会社


「かぶちゃん」と名乗っているのは代表者が鏑木武弥と言う方だからでしょうね。

太陽光発電もやっているようでオーナーには何処でやっているかは伝えてないようですから調べてみますと長野県などで幾つもやっていますが今年の3月になって関連会社の様な合同会社へ売却しております

きっと何処かの会社に売り抜ける予定でいるんだとおもいますけどね。

なんでも太陽光発電だけは事業が上手く廻っていたそうですからね。



今後は太陽光発電の詐欺も増えそうですね。

しかし太陽光発電もオーナーを募集していた訳ですから、本当は発電している場所なども公にするべきですし勝手に売却してはいけませんよね。

まあ今回の報道でこの会社は一発アウトで倒産するでしょうが絶対に利回り10%なんてありませんから気を付けてくださいね

繰り返しますが利回り10%はあったらお金を借りてでも投資するってことになりますので、そんな投資がある訳がないですから。

オーナー商法が絶対に潰れます

posted by ヒデミツ at 09:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする