2018年08月11日

絶対に他人は心配しない

e38fdf8c5172aad3b2504b1f45ff27bc_s.jpg
昨日は知り合いの会社を経営している社長さんが銀行取引で預金を担保に金を借りるのが嫌だって言う話を聞きましたが、私は預金を担保に金を借りるのは良いと思いますけどね。

この話をするとそもそも預金があれば金を借りないって言う人もいますが預金があったら預金を担保に金を借りた方が得だと思います。

100万円あれば200万円運用できるのと同じ事ですからね。

勿論、利息は掛かりますのでその利息以上の運用が出来ないといけませんので金を稼ぐための軍資金としての借り入れでないとこの話は成り立ちませんけどね。

仮に100万円の現金を使って商売をした場合はそのおカネを使えばその日からおカネが減っていくだけですが100万円を担保に100万円を借りれば200万円あるのと同じ事なんで絶対にお得ですからね。



しかしおカネがあると使い過ぎてしまう事はあります

私も金融機関から取敢えずおカネを借りておいて手持ち資金を厚くしたらどうかと言われる事はありますが必要でないおカネは借りません

お財布の中も多く入っていると、つい使い過ぎてしまう事があります

お財布の中はギリギリくらいで丁度良いですかね。

お財布の中はギリギリにしておいて鞄の中とかにいざという時の為に封筒とかにおカネを入れて忍ばせておくのが良いと思います。



まあおカネはあるに越した事は無いですがやはり使い方や運用方法を工夫する必要がありますね

基本的に他人は絶対に人のお財布の心配や面倒は見てくれませんから自分で考えるしかないですけどね。

まあ取敢えず手持ち資金があって商売をしようとする場合は、その手持ち資金を担保におカネを借りて始めるのも一つの手です。

繰り返しますが倍の資金が運用出来ますので

posted by ヒデミツ at 16:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする