2018年08月08日

値上げするべき

kagu.jpg
大塚家具が業績不振で大変そうですが、大塚家具の親子対立をみていて私は当初からお父さん側の意見に賛成でした。

大塚家具は安売りではなくて高級路線を歩んだ方が良いと思います。

そもそも大塚家具は高級家具店で会員制で付き添って説明してくれて安い家具屋さんなどとは路線が違います

今はニトリなど安い家具屋さんもありますが全く違う高級路線を歩んでいたんですよね。

私も大塚家具もニトリも行って買い物をしたことはありますがどちらにも良い点があります。



買うものによってどちらに行くかを決めます。

やはり大塚家具に行くときって言うのはちょっと緊張するんですよね。

しかし行って家具などを選んでいると丁寧に説明してくれたり案内をしてくれるので気持ちよく買えます

そしてちょっと冷やかしで見に行くのではなくて良いものがあったら購入しようと決めてから行きますので。



ですから量販店よりも来店客の買う確率は高いと思いますので一人一人接客する路線の方が冷やかしで見に来る量販店よりも効率の良い経営が出来ます。

ニトリと大塚家具では行くお客さんの目的が違うと思います。

また客層も違いますからね。

大塚家具は本当は値上げした方が良いくらいだと思いますね。

無理に安売り合戦に巻き込まれるとロクな事はありません

私もコインパーキング事業を行っておりますが価格競争になると絶対にダメなんで、近くに新しいコインパーキングが出来て値段競争になった際に値下げはしませんし逆に値上げすることの方が多いです。

そうすると今度は同業も値上げしてくるんですよね。

要するに新しく出来てくる業者は価格勝負しようとしますがそれは私のコインパーキングよりも安くするって言うだけですから、例えば私のコインパーキングが一日1500年だとした場合、新しい業者は1400円とかにするだけなんです。

ですから私のコインパーキングが2000円に上げれば同業者は1800円に値上げするわけです。

下手に価格競争をすると絶対にロクな事はないですからね。

大塚家具は お父さんの時代は会員制高級店で娘の時代には量販店をめざしているようですがそれが間違いですね。

やるならば大塚家具とは全く別の名前で量販店をやるべきですからね。

私も最近は大塚家具には行かなくなりました。

そもそも客層もお客さんの購入目的も違うのですから量販店と勝負しようとしているのが間違いだと思います。

こうなったらお父さんと仲直りしてもう一度大塚家具を会員制の高級店に戻すのが一番だと思います。

このままでは潰れかねませんからね。

価格競争は高級店には向きません


posted by ヒデミツ at 10:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする