2018年07月05日

ゴミの横取り

koshi.jpg

昨日テレビで悪い奴を追いかける番組がありまして私も好きなのでいつも見ていますが、昨日は古紙の回収業を取り締まるコーナーがありました。

どうやら現在は古紙は条例で勝手に持って行ってはいけないようですね。

元々古紙のリサイクルは民間の仕事だったのに行政が乗り出してきて行政以外が持って行けない様にしてしまったんですけどね

これって可哀想ですよね。



そもそも新聞などのゴミを捨てる人は不要だから捨てる訳で行政にあげようとしている訳ではないですからね。

本当はゴミ置き場に置いてあるものは所有者が所有権を放棄して捨ててあるので誰が持って行っても良いはずですからね。

それこそゴミ捨て場の中で生ごみを持って行っても咎められないのに古紙はダメだって勝手に行政が言い出してしまったんですよね。



昔は、ちり紙交換の車が廻ってきて新聞紙などを渡すとトイレットペーパーなどが貰えましたからね。

今は行政がこの古紙リサイクルに首を突っ込んできて民間の仕事を取って行った様なものですからね。

昨日もテレビ番組では区役所の職員が古紙を持ち去る人を捕まえて怒っておりましたが、本当は昔から民間がやっていた仕事に乗り出して来たんだからそんな勢いで起こる事ないんじゃないのって思いましたね。

古紙の回収を監督する古紙回収ジーメンなども人件費を掛けて雇っているんで余程真剣なんでしょうね。

古紙回収は民間にやらせてあげた方が良いと思いますよ。

まあ今はそう言う条例が出来たから持ち去りはダメなんでしょうが、今まで古紙回収で生活をしていた人は困ったもんですよね

民業圧迫そのものですからね。

本当は所有者が所有権を放棄して捨てたゴミは誰が持って行って良いはずですからね。
posted by ヒデミツ at 12:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする