2018年06月02日

故意のない違反なんだろうな

全国の警察は6月1日から、社会問題化している高速道路上での「あおり運転」の一斉取り締まりを始めたそうですが昨日乗ったタクシーは本当に車間距離が近くて怖かったです

警察は車間距離保持義務違反などで摘発するために覆面パトカーのほか、都道府県警によってはヘリコプターで上空からも監視するそうですが昨日のタクシーは絶対に捕まるだろうなって感じの車間距離だったんですよね

私が怖いので運転手さんにこんなに車間距離が近くて怖くないの???って聞いたら「え、ぜんぜん怖くないですよ」って言って車線を右に左にと移動しながら前の車にぴったりとくっ付けて走っているので本当に降りたかったです



私は自分自身は放しすぎではって言われる位車間距離を空けるのが習慣になっているので大抵誰の車に乗っても怖いんです

しかし昨日のタクシーは本当に近くて後ろに乗っている私からの目線ですと前の車にぶつかりながら走っている様に見えちゃっていたんですよね

警察が観たら正に「あおり運転」に見えると思います



しかし本人は全くあおっているつもりがないのが本質的な問題なんですよね

本当にあおり運転をするつもりでしている人もいるでしょうが、本人はあおっているつもりがないのに人から見るとあおっているように見える運転ってあるんですよね

車間距離が近くても怖くない人って「怖くないの?」って聞いても全然怖くないって言うんですから、もうこればかりは話が合わないと言うか体感があわないから仕方がないんですよね



きっとこれから上空からヘリコプターで取り締まりをしたら相当取り締まられる人はいるでしょうが、きっとその人自身はあおっているつもりもないし怖くもないんで取り締まりの現場ではもめる可能性はありますね

車間距離は人間の感覚で怖くない人に怖くないか??って聞いても怖くないわけで、違反の中では最も違反の故意のない違反だと思いますね




目の悪い人は運転免許を取得する際に「眼鏡等使用」の条件が付きますが、そもそも眼鏡をかけろって言われなくても眼鏡を掛けますから違反することはないでしょうが車間距離の近い人はそれで怖くないので取り締まられても悪いことをしていると言う実感はないと思いますからね

今後は警察があおり運転の取り締まりで車間距離の近い人を取り締まってくれると私としては安心できます

人に言われても治らないので警察に取り締まられれば敢えて空けるでしょうからね

しかし取り締まりの現場はもめそうですね

昨日は、あおり運転の取り締まりを強化すると言うニュースをスマホで観ながら車間距離の究極に近い運転のタクシーに乗って本当に怖い思いをしました

posted by ヒデミツ at 08:40| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする