2018年06月09日

親が求める子供の反省像

shitsuke.jpg
東京都目黒区のアパートで両親に虐待された末に子供が死亡し反省文が報道されておりますが、あの反省文は親の意向の反省文ですね

恐らく毎日親に言われ続けたことなんだろうなって思いますね

5歳の子供ですから反省文は中々書けないと思いますし内容が大人から見ると大変よく出来ている内容で普通の大人が子供に求める理想の子供の反省する姿ですからこそ逆に本当に可哀想だって共感をよぶんだと思います



一般的に親が求める理想の子供の反省像なんですよね

今回の事件の親は自身の親からも同じことを言われていたと思いますね

自身の親からも散々言われていたことを自分の子供にも言ってしまうんですね



反省文の中で「あしたのあさは きょうみたいにやるんじゃなくて もうあしたは ぜったいやるんだぞとおもっていっしょうけんめいやって パパとママにみせるぞというきもちで やるぞ」って絶対に親が言わなければ書きませんからね

朝4時に起きてひらがなを勉強していたのも、きっとこの親も子供の頃に朝早く起きて勉強しろとも言われていたと思いますよ



だから4時に起きてひらがなの練習をしていたんでしょね

今回の事件の様にご飯を長い期間あげないとかはないですが昔から「ご飯抜きよ」とか言われて家庭で子供にたいしてしつけが行われていますからね

マンガのサザエさんでもカツオが波平さんから怒られてげんこつされたり物置小屋に閉じ込められたりすするのだって当たり前の様に放送されていますからね

昔と同じように子供にしつけをしようとすると今じゃ虐待って言われますね



私だって昔は怒られて殴られたこともありましたし反省文なんて小学生の頃は何度も書いた事はありましたらね

反省文を書く時は反省の内容ではなくて反省文を受け取る親や先生が何て書いたら喜ぶかって事を基準に書いていましたよ

虐待のニュースはよく流れていますが特に今回の事件が多くの大人に涙と共感を感じさせたのは普通の親が良く子供に叱る言葉がそのまま子供の反省文に出ているからなんでしょうね

今回の反省文を観て可哀想だと言う気持ちは当然ですが同じことを自分も親に言われてきたし自分も子供に言っているなって思い他人事の様には思えませんでした


posted by ヒデミツ at 17:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

高齢者はダメと決めつけるか

koureisya2.jpg
自民党は国政選挙で比例代表の候補には70歳の定年制をとっておりますが高齢化社会に進む中で与党の自民党が高齢者を排除する姿勢だとダメだと思いますけどね

少なくとも形だけでも世の中の見本として高齢者でも意欲のある方は候補者にするとしておいて実際の所はごく数人でも良いので高齢者の候補を入れておくようにする位にしないといけませんよ



企業とかには定年延長しろと言う呼びかけをしていますし年金だって支給開始年齢を引き上げているんですからね

人生100年時代をと訴えている安倍政権ならば尚更、定年制を実施していましたが定年制を廃止しましたって社会のお手本になるようにしなければいけないと思いますよね

自民党でさえ定年を廃止したんだからって言う事で企業だって定年を延長したり廃止する企業も増えるかもしれませんからね

自分の党は定年制をきっちりと守っていて企業には延長しろって呼びかけたって説得力がありませんからね

それに本当にこれからは高齢化社会になる訳ですから、世代ごとに議員がいても良いと思いますよ




自民党が定年制を導入するのは自民党は高齢者がダメだと決めつけているのと同じですからね

候補者の数を男女均等にするよりも世代ごとに均等にして20代、30代、40代、50代、60代、70代、80代、90代、100代だっていても良いと思いますよ

今度の参議院選挙も自民党では現職の中で9人が定年に引っ掛かるそうですが全員特例を望んでいるそうです



そのメンバーの中には私には特例なんかにしなくても良いんではという候補者ばかりです

自民党は9人の事をどう考えているかは分かりませんが定年だの特例だのと言うと角が立ちますので公認するかどうかだけで良いと思いますね

自民党は定年があった方が本人に公認しないと言いやすいのかもしれませんが今の時代は高齢者が多くなっている時代ですから一律の年で切るのはどうかと思いますね



とにかく政権与党である自民党は今後高齢化社会に向かう日本において定年の言葉を一番使ってはいけないんではと思っております

私は議員は男女比よりも年代別にする方が大事だと思っておりますし今後の高齢化社会においては自民党の定年については職員はあっても仕方がないかもしれませんが議員は違うんではって思っております
posted by ヒデミツ at 11:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

金委員長よりもメチャクチャなのは

ea121bc9bb5719eaa63462d7ef2e9d0c_s.jpg
来週開催されようとしている米朝首脳会談は北朝鮮側の宿泊費をどこが負担するかなんて下らない事で押し付けあっておりまして非核化とはおよそ比べ物にならない位にどうでも良い話と思っているのは私だけでしょうか?

これは金銭面の問題なのかプライドの問題なのかってどちらもなのかどうなんでしょうかね?



そもそも宿泊費は米朝共に自国の分は自国が払うのが当然だと思いますけどね

また一度中止された会談が復活しましたがトランプさんは非核化は急がなくても良いと軟化してきています上に気になるのは「非核化を受け入れた後の経済支援は、日本や韓国あるいは中国などの周辺諸国が行う」アメリカが多く支出することはないとの事だそうです



要するに米朝で勝手に「終戦宣言」だけされて、その後、核を放棄したら、その段階で日本は莫大な経済援助をさせられることになるって事ですからね

更に北朝鮮が日本に届く短・中距離ミサイルを隠しもっていたり核を隠し持っていたら、日本にとって良い事は一つもないどころか状況はさらに悪化するだけですからね



トランプさんは北の面倒を見るのは「ご近所さん」の義務、核のツケは日中韓の3国が払うべきだと考えている様でありますが無責任ですよね

安倍総理も米朝会談前にトランプさんに会いに行くようでありますが会って何を言うつもりなんでしょうか?

トランプさんもそういう気持ちがあるならば会談は米朝だけでなく日本、中国、韓国も一緒に会うようにして欲しいくらいですからね



最低限でもトランプさんは日本の拉致被害者救出の件だけは強く言って欲しいですからね

北朝鮮の金委員長よりも本当はトランプさんの方がめちゃくちゃなのかもしれませんよね

でもトランプさんを止めれる人はいないのが現状ですね

困ったもんですね

posted by ヒデミツ at 14:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

二隻の沈没船から一隻の沈没船に

tinbotu2.jpg
マスコミの政党支持率調査ではどこも同じ様な数字で国民民主党の支持率は1・0%に低迷しているようで4月の調査での旧2党の支持率(民進党1・2%、希望の党1・7%)の合計値より1・9ポイントも低いわけですから面白いですね

1.2+1.7=1.0ですから相当やばいですよね

二つの沈没船から逃げ出したものが乗った船が重さを増してないのに沈没船の勢いを上げた感じですね

「大きな固まり」を目指すだけの大義なき新党結成だったのが国民に呆れられたんでしょね



そもそも保守からリベラルまでなんて言う訳の分からない目標がダメなんですよね

保守とリベラルは違うんですからどちらかにしないとダメなんで正に「二兎追うものは一兎をも得ず」になっているんですね

保守からリベラルまでって言えるとしたら正に支持政党なし位ではないでしょうか???



玉木雄一郎共同代表は記者会見で「選挙は最大の広報だ。選挙をしていない以上、なかなか認知度においても限界がある」と言っているようですが選挙をやったら終止符になってしまうでしょって事ですからね

そもそも希望の党や民進党では選挙が戦えないという事で国民民主党を作ったのですから本当は結党した際には一時的に支持率が上がっても良いのでしょうが結党したとたんに支持率が下がると言う結果は選挙では戦えないって言う事ですよね



希望の党ですら結党当時は支持率があがりましたからね💡💡💡💡

国民民主党も社民党の様に衰退していくような気がします

まだ社民党の方がマシかもしれず全く理念や方向性のない国民民主党は急降下で終焉の一途をたどっていると思いますね



それにしても支持政党なしは本当にいつでもぶれずに高支持率を維持しておりますね😃😃😃

この支持政党なしの方々の動向が今度の日本の政治をというかむしろ日本をどう変えるかって事になるんでしょうね💡💡💡💡

支持政党なしという選択肢があることももっと多くの方に知っていただけたらと思っております
posted by ヒデミツ at 09:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

再発防止には内閣人事局廃止

zaimusyou.jpg
学校法人「森友学園」をめぐる決裁文書の改竄は、中央省庁のの中のトップの財務省が起こした問題だけに霞が関全体の信頼が失墜しかねない事態になっております

恐らく国民は氷山の一角で他にも色々とあるんではって疑ってしまいますよね

そもそも私も子供の頃から役所の人が贈収賄などで捕まったりするのは見ておりましたが、公文書を変造したりはしないだろうなって勝手に思っていましたからね



今回の件で森友学園の用地値引きの問題どころではなくてお役所への信頼失墜というもっと大きな問題になっていますよね

麻生さんは責任をとって大臣としての給与を1年分約170万円を返納するそうですが普通の人と違って麻生さんの年間170万円なんて麻生さんの飲み代金よりも安い位の金額で痛くもかゆくもないと思いますね



そもそも安倍総理が昨年、国会で「自分や夫人が関与していたら総理どころか議員も辞める」って言っちゃったのもまずかったですよね

「自分か妻がもしかしたら関与したか影響を与えたかもしれないですが辞任とかは一切考えていません」って言っていたらどうだったでしょうか

財務省は再発防止策として(1)国有財産の管理処分手続きの見直し(2)公文書管理の徹底、電子決裁への移行加速化など(3)コンプライアンス、内部統制の総合的な態勢整備などを上げておりますが、そんな事は今さらかって具合で全く再発防止策にはならないと思いますね



佐川さんは昔は部下からいい加減な書類を見せられると破いて捨てていたそうですが、仮にこんな再発防止案を本当に信頼回復の為と言う事で真剣に見たら破いて捨てられると思いますね

再発防止策は、役所の方々の気持ちの問題ですから先ずは「内閣人事局の廃止」でしょうかね



格省庁の幹部人事を内閣人事局に一極集中しないことが一番の再発防止策になると思います

内閣人事局がある限りどこの省庁でも同じような事が起こり得ますからね

国民の信頼回復には「内閣人事局の廃止」以外にはないと思います

posted by ヒデミツ at 11:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

価値観の違い

amuro.jpg
安室奈美恵ラストツアーが先週末に行われたようで私の知り合いも行っておりましたがてっきりこれが私はこれが最後なのかと思いきや、まだ引退日の9月16日まで三か月あり今後ラストコンサートがあるかもしれないんですね

所属レコード会社は「今後のことは何も決まっていません」としていますが絶対に何も決まっていない訳ないですよね

あと三か月で場所も押さえていないと出来ませんからね



アイドルやスポーツに興味のない私からすると信じれませんが、今回のラストツアーに応募した人が500万人以上いて行けた人は10分の1以下で且つ東京ドームの廻りには音漏れと呼ばれるひと中に入れなくても来た人が6000人もいたそうです

私には全く信じれません

私は今までに記憶の中に行ったことがあるのは子供の頃にプロレスを見に行った位でコンサートやスポーツ観戦などは一切行ったことが無いですからね

今回初めて「音漏れ」って言葉がある事も知りました



安室奈美恵さんって言えば私が若い頃にデビューして一時は街中のギャルを見ると「アムロチャン」と言う様にギャルの代名詞になっていたのは覚えていますが私は全く興味がなかったですからね

私なんかこのラストツアーのチケットが貰えても行かないし誰かにあげるか貰い手がいなければ捨てるかもしれませんからね

やはり価値観の違いですよね



この価値観の違いは色々あって昨日はテレビで無線を若い頃から55年近く趣味にして自分で山の頂上に無線の基地を作って数多くの無線機材も倉庫に展示して正に無線博物館の様な基地を作られている人もいましたが、無線に興味のない人にはタダのガラクタですからね

私も色々と古いモノをコレクションしておりますが要らない人からしたらガラクタですし妻でさえ黙っていれば捨ててしまいますからね

政治活動も興味のない人からしたら何でこんな事をしているんだろうって思うでしょうしね



人間は色々な価値観がありますので自分の価値観が人にもあると思ってはいけませんし押し付けてもいけませんよね

まあしかし安室奈美恵さんの今回のラストツアーに500万人の応募があると言う事はこれはある意味多くの方に共感してもらえる価値観と言うことになりますね

私の価値観は多くの方にはご理解して頂けませんし理解してもらおうとも思いませんがやはり人の価値観は理解出来ないと言う事は間違いありませんね

posted by ヒデミツ at 11:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

10人の求人に対して応募が1人の業界

20180603_075314.jpg
平成31年春卒業予定の大学生らを対象とした経団連加盟の大手企業を中心に採用選考活動が1日に解禁されましたが明暗がはっきりとわかれております

就職活動は学生優位の「売り手市場」が鮮明化ですが業種によっては全く足りない業種と足りすぎている業種と明らかに違いがあります

特に中小企業や流通、建設、製造業界では人手不足や学生の「大手志向」を背景に有効求人倍率が10倍前後に達し、約10人の採用枠に対して学生の応募が1人にとどまる事態に陥っているようです



やはり中小企業は安定感がないので避けられ、また建設や流通業界は肉体労働が多いので人が集まらないんですね

それに比べて金融や情報サービス業などは応募が多すぎるらしいです

やはり肉体労働は避けられてパソコンを使って体を使わない業種が選ばれるのは当然ですが、ここまで格差が広がっているとは思いませんでした



流通、製造、建設業は10人の応募に対して学生は1人しか来ないんですからね本当に大変ですよね

こういう若い学生が来ない業種は中高年を活用するしかないでしょうね


最近は高齢化社会ですからお客さんも働き手もどちらも高齢者を対象とする商売を考えた者が成功するような気がしますね



高齢者にニーズのあるサービスを行い、働く者も高齢者を活用することを考えれれば今後のニーズに合っていきますからね

採用枠10人に対して1人しか応募のない業種で勝負しようとしても限界がありますからね・・・・・

と言うか殆んど無理って事ですからね



いや〜〜〜しかし昔から肉体労働は大変だから給与も高かったですが今に比べると他に楽な仕事がなかったので応募もあったのですがコンピューターの進化と共に肉体労働をしなくても稼げる業種が増えたのが流通、製造、建設業界に人が行かなくなった理由でしょうね

同じ給与ならば肉体労働には行きたくないですからね

今後は中高年を対象にした商売で求人も中高年を対象にしないとダメだなって思います
posted by ヒデミツ at 08:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする