2018年06月30日

ポイ捨てが心配だ

poisute.jpg
東京都の受動喫煙防止条例が都議会本会議で可決・成立しました。

東京オリンピックが開催される2020年の4月以降は、従業員(同居していない家族や親せきも含む)のいる飲食店は全面禁煙か飲食できない喫煙ブースを設ける全席禁煙の2択になるようです.

私は心配なのは禁煙になった店の周辺の道路でのタバコのポイ捨てだと思います。

禁煙にするのは良いけど、ではタバコを吸う人はどうすれば良いのかという事をもっと具体的に決めないと、そこらへんでポイ捨ての増加現象が起こります。

また従業員のいる店って言っても何をもって従業員と言うのかって事ですよ。



例えば直接飲食店と雇用契約を結んでいなくても売上連動性の出来高の請負契約ならば従業員ではないですし、雇用契約でなく会社として請負契約にすれば抜け道もありますからね。

従業員も同居していない家族や親せきも含むという事ですが同居しているかどうかってどうやって判断するかですよね。

私はタバコを吸わないから禁煙になることは賛成ですけど、本当にポイ捨てが心配になります。

私の経営するコインパーキングも禁煙にした病院の影響で入院患者が点滴を引っ張ってきてタバコを吸いに来て毎日ポイ捨てに悩まされておりますので・・・・・




そもそもタバコが体に悪いのにどうして売るのかって言うのも昔から疑問ではありましたけどね・・・・

国は体に悪いタバコを売ったり民間がやると罪になり依存症にもなる恐れのある競馬や競輪、宝くじなどの公営ギャンブルをしますし人間の欲求に付け込んでお金を取りますが、その影響で被害を受ける人の事を考えていないですからね

IR関連法案も今国会で議論されておりますが依存症が心配ならば最初からやらなければ良いのにって思いますよ。

そもそもカジノって依存者を増やさないと成り立たないですからね。

負けるのを覚悟でお金を使いに行く人なんていません
からね。

宝くじは入場料とかが掛かりませんので単純に賭博ですが、カジノは入場料を取ることで必ず最低でも入場料のもとを取らねばならないと言う気持ちで賭けに臨むため依存症になりますからね。

まあ今回の飲食店のタバコを規制するのであればしっかりとその規制された人たちがどうするかを考えないと飲食店の周辺の方々がポイ捨てで迷惑になります。


posted by ヒデミツ at 07:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

悪徳業者の特徴

akutoku.jpg
私の会社は登記情報をネットで取得する登記簿図書館というサービスをしておりまして恐らく民間企業は最も不動産登記情報や商業登記情報を持っていると思いますが最近よく取られている登記情報は栃木県の那須や日光及び北海道の田舎の町や村の土地の登記情報なんです。

何に使うのかは判りませんが原野商法などでなければ良いけどとは思っています。

またそういう田舎の土地の登記情報を取る業者さんは私の会社での与信枠も低い会社が多く訪問してみて怪しい場合などは取引停止も致します。

また月間の取引の与信枠が低いので直ぐに利用停止になってしまい、先に利用したい分のお金を振込んでもらうとその振込んだ金額分を使えるようにするようしております。

そう話すと大概は振込んでくれますが結構金額が大きくて100万円以上登記情報を使う所もございます。

100万円と言う事は3000件以上の登記情報を取りますが、取った後にそれを100万円以上の利益に繋げれているのか、もし100万円以上の利益になっているとしたらどうやっているのかが知りたいです。

本当に何にもない原野の登記情報を取っているので不思議なんですよね。



そしてそう言う業者さんがここ 2〜3年で相当数増えているんです。

私の会社もネットの書き込みや不動産業者の行政処分などを毎日検索して何かあると利用停止にするようにしておりますが本当に最近同じような原野の登記情報を取る業者が増えています。

最近は太陽光のパネルを付ける業者も増えてきており原野の登記情報を取るので原野だからダメと言う訳ではないですが月間に100万円以上も利用して元が取れるのかなって思ってしまいます。

昨日このブログで書きましたのはファックスDMについて迷惑だと言う話をしました、登記情報を取った場合にはきっと郵送でのDMもしくは訪問になると思いますので郵送でのDMでしたら捨てれば済みますが訪問ですと訪問された方は迷惑になってしまいますので訪問は余程慎重にしてもらわないとダメですね。

どんな商売も人と同じような事をしていたらダメですから、色々と知恵を絞って人のやっていなやり方で商売をするって言うのはどんな業界でも鉄則ですがそれがお客さんが喜べば良いですが、悪い事を考える人も中には居るんですよね。



取引をする相手の与信って大事ですよね。

私も毎日私の会社の各サービスに申し込みのあった企業の与信をしておりますが最近は怪しい会社も増えてきておりますので本当に慎重にしております。

私も最近は毎月400社位を与信をしておりますので会社名や住所を見ただけで大体予測も立つようになってきました。

騙そうとしている会社はホームページなどもある事はありますが特徴は「信頼」「嘘のない」「誠実」「信用」「安心」「誠実」このキーワードが多く使われております。

普通はそんな事は当然なのでしょうが悪い事をしようとしている人は自分が悪いからこの様なキーワードを付けたがるんですね。

もし怪しい会社がありましたらホームページを見てください。

似た様なキーワードがあるはずです。
posted by ヒデミツ at 14:35| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

ファックスDM

fax2.jpg

私の会社によく金貸しから広告のファックスが入ってきます。

昨日も送られてきたファックスを見たら一目で真面な金融会社ではないなって言うのが分かる内容の文面でした。

登記情報を見ようとしたらそんな会社は存在しないし住所を調べると空地でした

そして金利は1.2%との事ですが絶対に違いますよね。



こんなのに引っかかる人はいるんだろうかと言うような内容で、文面も誤字が多いんです。

ホームページもないし誰が借りるんだろうと思いましたがきっと借りる人がいるんでしょうね。

怪しさ満点のファックスが良く届きますが特徴は誤字が多い事なんですよね。

私も会社のチラシを作ることは多いですがチラシは大事なんで何度も見直しております



恐らく闇金だと思いますが誰がお金を出してやっているのかなって思います。

ファックスDMは迷惑だからやめて欲しいですよ。

なんせ一枚送られてくるとカウンター料金が発生しますからね。

本当に どういう人が引っかかるのか見てみたいなって思ってしまいます。

posted by ヒデミツ at 13:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

不動産の多重ローンの最近の手口

5f6e23271ce6e42f6d35c3e7308a023a_s.jpg
昨日も日経新聞に出ておりましたがスルガ銀行でも問題になりました不動産投資トラブルで銀行に偽造した預金通帳の残高を見せて審査を通りやすくする手口が他の銀行でも行われているんでないかと言う事ですが絶対に行われていると思います。

売りたい不動産会社はどうにか銀行の審査を通りやすくするんですね。

殆ど詐欺の様なものですから。

また、最近流行っているのが不動産を買う時に1物件につき1法人を作る手口なんです。

合同会社とかを設立すれば、不動産を何物件も購入するときに買う不動産の数だけ会社を作ると言う手口ですね。

購入した不動産を貸してその会社が家賃を貰っていればその会社の決算書では収入は判りますが個人の確定申告には載りませんからね。



ですから銀行はその人に融資をする際に確定申告書を提出させてもその方が作った会社名義の不動産からの収入や借入金は確定申告書には記載されませんので把握できません

5件の不動産を買うとしたら会社を5社作って5つの違う銀行から借りれば何処の銀行も自分の銀行が担保に取って貸している物件以外の情報は全く判りません

その方が私は5社の会社を持っていますって言わない限り判りませんので銀行さえ変えればドンドン不動産物件を購入する事が可能になるんですね。

今は昔と違い合同会社などは6万円もあれば作れますから会社員で年収1000万円位で下手すれば10件の物件で合計3億円とかも借りれてしまうんですよね。

不動産収入で借入金の返済が出来る様な返済計画を立てますが不動産の収入がそのまま返済には廻せず、家賃収入の半分は税金を納めなければならないことになります

一度返済計画が崩れ始めれば雪崩の様に全て廻らなくなりますね

私は登記簿図書館と言う仕事をしておりまして日本全国の登記情報のデータベースを構築しておりますので登記情報が名寄せ出来ますので例えば金融機関さんは、Aさんと言う人にお金を融資するかどうかを判断する際には、この登記簿図書館と言う登記情報のデータベースを検索してAさんが持っている不動産を全国から名寄せして把握する事も出来ます



またAさんが役員に入っている会社も名寄せする事が可能なんです。

私はこの様な会社を利用して不動産を増やすやり方は取引先の銀行さんから聞いて初めてしりましたが最近は毎月金融機関さんからのお問い合わせや申し込みが増えております。

スルガ銀行のシャアハウス向けの融資の件が報道されて以来、この2か月で私の会社の登記簿図書館へも地方銀行さんや信用金庫さん信用組合さんなどから今までにない位の多数の申し込みが入ってきております

最近はこの手口で普通の会社員の方が20件以上も持っている場合もありますし、この手口での不動産物件の増やし方をレクチャーする人や本もありますからスルガ銀行さんだけでなく全金融機関さんであると思います

しかし良く考えますよね。

まあお蔭で私の会社は嬉しいですけどね

今後は会社を即日作れるようにするような事も報道されておりましたが、そんなに簡単に会社が作れなくても良いと思いますけどね。今以上にこの手口が簡単になりますからね。
posted by ヒデミツ at 09:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

何があるか分からないな

tuitotu.jpg

人間いつ何があるか分からないと言いますがその通りで、昨日はタクシーに乗っていたら信号待ちの時に後ろから追突されました。

もうそろそろ降りようと思ってお金を用意していた時に突然後ろから突っ込まれましたので驚きましたよ。

私が行きたい所までは、そこから500メートル位ありまして昨日は暑かったので歩きたくなかったからタクシーに乗ったのに知らない土地で降ろされて歩く羽目になりました。

タクシーの運転手さんは料金は要らないからここで降りてくれてって言うのでおりました

後から考えてみると料金が要らないって言う問題じゃないと思いますけどね。



私も約束の時間がありましたので急いで歩いて行きましたが昨日は体はちょっと首が痛いかなっていう程度でしたが今日朝起きたらなんか首が痛くなっています

大した追突ではなかったのですが首って痛くなるものなんですね

昔から追突事故があると首が痛くなるって言う話は聞いていましたが私は初めての体験です。

鞭打ちっていうやつですね。

明日もまた痛かったら一度病院に行こうかと思っておりますが人間いつなにがあるか分かりませんね。



この程度で済んだので良いですが大型トラックとかに突っ込まれていたら死んでいたかもしれませんからね。

事故ってお互い様ですし私も起こさないとは限らないですが本当に ちょっとタイミングが悪ければ大事故になる場合や、ちょっとの差で助かる場合もありますよね。

昨日は用事を済ませた後に帰る際にはタクシーに乗るのが怖くなって徒歩と電車で帰る事にしました。

明日以降首が治っていればいいですがこれ以上痛くなっていたら困ります。

posted by ヒデミツ at 13:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

買い物難民にならない為にも

roufuufu2.jpg
自宅近くにスーパーなどがなく、食料品の買い物に不便をきたしている65歳以上の「食料品アクセス困難人口」(いわゆる買い物難民)が824万6000人だと農水省は発表しました。

特に東京や大阪、名古屋などの都市部などが増加しているようです。

街の商店街が減り大型の商業施設が郊外に行ったためだそうです。

やはり年を取りましたが駅前に限りますね



閑静な高級住宅街よりも、うるさい位の駅前の方が体が不自由になったら便利ですよね。

特に地方都市の駅前は閑散としていますが都市部の駅前はなんだかんだ言ってもコンビニや飲食店がありますからね。

大型商業施設が郊外に行っても都市部の駅前は何とか店がありますからね。

年を取ったら田舎暮らししたいと言う方もおりますがそういう人はきっと元気なんですね。

年を取るほど都会に来た方が病院に行くにも買い物をするにも便利ですからね。



最近は免許も早く返納する社会の動きもありますし、やはり駅に近い事って年を取ると凄く大事だと思います。

これから益々高齢化社会が進み買い物難民が増えると思います。

若い元気な人は郊外の駐車場付きの1戸建てに住むのも良いでしょうが、年を取ったら絶対に駐車場付きでなくても駅前のマンションとかの方が安全面でも掃除の面でも楽で良いと思います。

まあ今後はネットが使える高齢者が増えてきますネット通販という手もありますが今の70代以上の世代は大変ですね、

話が逆かもしれませんが、定年退職したら駅前に住むのが賢明な選択しかもしれません。

まだ体が動けるうちに車がなくなって配偶者が亡くなった事も想定して住まいを考えた方が良いと思います。

農水省の買い物難民の数を見て改めてそう感じました。
posted by ヒデミツ at 09:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

普通の倒産で済んだのに

tousan.jpg
今年1月の成人の日に新成人に振袖を提供できずに話題になった「はれのひ」は先日の債権者集会では、同社側に資産はほとんどなく、債権者への配当は不可能との見通しが示された上に元社長は逮捕されてしまいました。

しかし「はれのひ」の資金繰りは相当に悪かったようですが報道を見ておりますと最初から自転車操業だったんではと思えてしまいます。

社長の逮捕容疑は粉飾決算をして銀行からお金を借りたとの事ですが、この事件の本当の容疑は成人式当日に晴れ着を提供できないことが分かっていたのにお客さんからお金を取った事なんですけど、それで立件するのは難しいのでしょうかね。

粉飾して融資を受けて他の借り入れの返済に廻す事をやり始めると赤字に拍車が掛かって資金繰りが悪化します。



粉飾して黒字を出せば赤字で資金繰りが悪いのに税金も払わなければならなくなりますからね。

どうせ粉飾して借り入れをしたならば今回であれば他の借り入れの返済に廻さずに最後にその調達した資金で新成人に晴れ着を提供していればここまで問題にならずに会社は普通に倒産出来ていたと思いますね。

新成人に晴れ着を提供できなくなれば大変な騒ぎになることだって元社長は予想出来たはずですからね。

金融機関に借り入れの返済が出来ないで倒産する会社は幾らでもありますし、取引先に支払いが出来なくて倒産する会社だってありますが、よりによって成人式に晴れ着を提供できないって言うのは被害者の被害感情が大変大きいと思いますね。

普通の倒産と違いますからね。



そしてこの社長は債権者集会にも出てこないって呆れてしまいます。

私も今まで倒産する企業を何社も見てきまして債権者が怒っている場面なども見てきましたが「はれのひ」の最後は悪すぎますよ。

成人式当日に雲隠れしてしまうんですからね。

芸能人でも大借金をして長年掛けて返していくという話も聞くことがありますが逃げていないですからね。

この元社長は会社の終わらせ方も下手で最悪でしたね。

せめて成人式だけ乗り切れば普通の倒産で済んだのに。

posted by ヒデミツ at 13:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする