2018年05月30日

返納よりも使わない環境

c0b6b531c4e7a2ca43b699f00fc79a14_s.jpg
先日神奈川県の茅ヶ崎市で90歳の女性が運転する車が4人をはねて1人が死亡した事故がありましたが今後は高齢者による事故は増えるでしょうね

今回の事故は「赤信号と分かっていたが、誰も横断歩道を渡り始めていなかったので行けると思った」との事で認知症とは関係がなさそうですね



3月に運転免許証を更新した際の認知機能検査で問題は見つからず、優良運転者免許証を持っていたようですからタダの赤信号無視の事故なんでしょうが正直赤信号と判っていて違反をしてまで信号を渡る高齢者がいるんだなって改めて思いました

信号無視と高齢ドライバーって想像が付きにくいですからね

90歳の女性も人生の終わりごろになって汚点を残すことになってしまいましたが、これは人間誰でも起こり得る可能性はありますからね



事故も昨日までないから今日もない保証は一切ないですし、健康状態も同じで昨日まで健康で今日倒れる事だってありますからね

私はここ数年は仕事以外では車の運転をするのは控えておりますし、仕事でもなるべく電車を使う様にしております



仮に事故をした際にも仕事で仕方がなかったのか遊びで使っていて事故をしたのかですと遊びで使っていた時でしたら悔やまれますからね

今回事故を起こした90歳の女性は家族から免許を返納するように言われていたようですがきっと免許の返納って普段車を使っている人にとりましたら大変な決断をすることになりますので特に地方は返納したがらないんではないでしょう

高齢者になってきたら狭くても良いですが駅が近くて近所にコンビニやスーパーがあるところに住むべきですね



今後は駅前とかに高齢向けのマンションとかも増えるかもしれませんね

他人事ですと免許の返納をって言えますが自分のことになると皆やはり免許の返納はしたがりませんので免許の返納よりも車を使わない生活にすることが高齢者になればなるほど大事なんだなって思いました
posted by ヒデミツ at 14:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする