2018年05月05日

社会で支えきれない人が増加

kodomo.jpg
今日は子供の日ですね。現在日本の子供(0歳〜14歳)の人口は2018年4月1日時点で1553万人であるそうです

これは去年の同時期と比べ17万人の減少で、1982年から37年連続の減少との事です

今は0歳から14歳は人口の12%で65歳以上が28%です



私が産れた1970年は0歳から14歳が24%で65歳以上が7%ですから相当に人口バランスが崩れていますね

子育てが大変なのは今も昔も同じですし、むしろ今の方がオムツでもベビーカーでも育児用品は昔よりも開発されて良いものが多く子育てはしやすくなっているはずですけどね

そして子供が減っているのに保育園が足りないという状況です



これは正に結婚や出産しても「生活レベルを下げたくない」「生活を大変にしたくない」と言う事なんでしょうね

子供がいればその分働けなくなりますしお金も掛かりますし自分の自由な時間は無くなりますからね💢💢💢

だからこそ働きながら子育てをするために保育園の需要があるんですね

昔は女性は会社を寿退社するのが当たり前でその分金銭的には生活レベルが下がりますし育児で自分の時間も無くなりますが子供がいる生活に喜びを感じれていたと思いますが、今は子供で自分を犠牲にする生活よりも自分の生活レベルと自由な時間を優先するんですね


昔の事をテレビなどで観ていると昔は貧しかったという子供の頃の写真や貧しいながらも努力して学校に行ったり仕事をしたとかいうストーリーを目にしますので要するに子供が出来れば女性は働けなくなり大変になるのは覚悟してでも産んできたんでしょうね



そして自分の周りもそうだから自分もと言うように、今はもう自分の人生を子供のために犠牲にして子育てを楽しむという考え方が減ってきているんですね

しかし子供が少ない場合は確かに子育ての手間は掛からなかった分今度は自分の老後の面倒をみてくれる人もいなくなってしまいます

安楽死制度でもあれば別ですが、ない今の日本では今後は年金も支給年齢が後倒しになり寿命も延びて100歳くらいまで生きるのが当たり前となり子供も少なければ、自分で稼いで生きていくしかないって事になりますからね



100歳まで一人で生きていくって並大抵ではないですね

毎回、ニュースなどで少子高齢化のグラフなどを見ますとこの先の日本ってどうなるんだろって本当に心配になります

社会で面倒をみきれない人々が本当に増えて来そうですね

とりあえず自分の老後のことは今から真剣に考えておかないといけませんね

posted by ヒデミツ at 09:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする