2018年01月12日

本当に被害者を救済するには

japan.jpg

成人式の日に着物を出せずに問題になっている「はれのひ」は被害者の方々には可哀想ですが損害の回復はダメだと思いますが、もう一つ問題のジャパンライフは銀行取引停止になりましたが未だ会社が存続さえしていれば少しは損害が回復出来るかもしれませんね

会社も事業は継続するって言っていますので被害者弁護団が告発状を出すのはまだ早いと思いますけどね💡💡💡




刑事事件になって代表者や役員が捕まってしまったらそれこそ事業継続が出来ずに終わってしまいますからね💥💥💥💥

告発状はいつでも出せるので先ずは事業を継続させることが大事だと思いますけどね😠😠😠😠😠



破産してしまったら終わりですからね・・・・・

2018年の売上高は約80億円、返済目標は約40億円。2019年の売上高は約180億円、返済目標は約100億円。2020年の売上高は約240億円、返済目標は約140億円と会社側が発表している訳で、未だ告発は早いと思いますけどね💢💢💢💢💢

被害者の方々は何が一番大事かと言うとお金が少しでも多く戻る事が大事ではないでしょうかね💥💥💥💥




だからこそ会社を継続させる必要があり本当は会社を手伝う位の気持ちが必要だと思いますよ💨💨💨💨💨

ジャパンライフ被害対策中部弁護団だけでなく、全国各地に消費生活センターや弁護士会などが相談窓口を開設しているそうだが私は少しでも事業を継続させてやることが本当の被害者の救済になると思います😃😃😃😃

ない袖は振れないので、相談窓口に行っても何も始まりません

唯一救済は会社の立て直ししかありません💥💥💥💥💥

posted by ヒデミツ at 15:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする